期間工の受かりやすい募集時期やメーカーを見分ける2つの方法

期間工の女性 面接

期間工の求人は、1年中募集があり、

どこで応募しても同じような気がしますが、

受かりやすい時期や受かりやすいメーカーがあります。

 

その時期やメーカーに応募することで、

通常の募集時期よりも簡単に採用され、

いくつもの面接に参加する必要がなくなります。

 

見分ける方法もすごく簡単で、誰でもできるので、

いくつもの面接を受けるのが面倒な方や、

すぐにでも期間工で働きたい方は参考にしてみてください。

 

ただし、受かりやすいとは言っても落とし穴もあり、

そのあたりのことも説明するので最後まで目を通してみてください。

 

 

期間工の受かりやすい募集時期やメーカーを見分ける2つの方法

受かりやすい期間工

期間工で受かりやすい募集時期やメーカーを見分ける方法には2つあります。

受かりやすい募集時期と、受かりやすいメーカーで分かれ、それぞれに特徴があります。

 

期間工で受かりやすい募集時期とは?

 

期間工で最も受かりやすい時期は、3~5月と9~11月の間です。

 

この時期には、期間工の従業員が入れ替わる時期になり、

どのメーカーも大量に人員を募集する時期となるからです。

 

この時期に応募すれば、

他の時期と比べても人員を確保したい時期なので、受かりやすい時期になります。

 

期間工の定期募集と臨時募集

 

期間工の募集形態にも種類があり、

定期的に募集するのと、臨時で募集する2種類があります。

 

定期募集とは

1年中メーカーが行っている募集で、

定期的に人材を確保する募集のことです。

 

定期募集では通常の採用基準で判定されるため、

受かりやすい募集とは言いづらい募集です。

 

臨時募集とは

すぐにでも人材が欲しいときに行われる募集で、

期間限定の募集のことです。

 

自動車関係の期間工で、

ヒットメーカー的な人気の車種が出たときに、

生産が追い付いていない場合に起こる募集です。

 

通常の定期募集よりも、採用基準が甘くなり受かりやすい時期と言えます。

 

臨時募集は受かりやすい

メーカーが臨時で募集している時期は、

本当に受かりやすく誰でも簡単に採用される印象があります。

 

メーカー側からすると、生産が追い付いていない場合が多く、

注文を受けている状態なので、とにかく生産して売り上げを上げたい時期なんです。

 

この臨時募集のときに応募すれば、採用基準も甘くなり、

通常の定期募集よりも採用されるのが簡単になるんです。

 

臨時募集は受かりやすいけど注意

 

臨時募集の時期は、たしかに受かりやすいですが注意点もあります。

 

期間限定で募集するメーカーが多く、

文字通り臨時のみの期間工になり、

契約更新ができずに3カ月~6カ月の契約で終了するこもあります。

 

受かりやすい時期としては臨時募集は当てはまりますが、

少しでも期間工で長く働きたい場合には、

難しい場合があることも頭に入れておいてください。

 

入社祝い金が高額なメーカーは受かりやすい

受かりやすい期間工

もう1つの受かりやすい期間工を見つける方法は、

入社祝い金の額に注目することです。

 

入社祝い金を高額に設定している期間工のメーカーは、

最も受かりやすく、メーカー側はすぐにでも人材を欲しがっていることになります。

 

高額な祝い金を支払ってでも、作業員が欲しいという意味です。

 

入社祝い金とは?

 

入社祝い金とは、

期間工に採用されると派遣会社から支給されるボーナスで、

通常の給料とは別にもらえます。

 

入社して2カ月~3カ月目に全額が支給され、

20万~50万円が支給される場合も珍しくありません。

 

期間工に人材を派遣している派遣会社によっても金額が異なるので、

入社祝い金を高額に設定している派遣会社を選ぶほうがお得です。

 

高額な祝い金を払ってでも人材を確保したいメーカーの思惑

時期によっては入社祝い金を通常よりも高額に設定する期間工メーカーがあります。

 

給料とは別に支給されるボーナスなので、

高額な入社祝い金を払ってでも、すぐに人材が欲しいというメーカーの思いがあります。

 

入社祝い金が高額なメーカーは受かりやすく、

すぐに人材が欲しいメーカー側と、

入社祝い金をにもらえる応募する側も両者にとっても大きなメリットになります。

 

受かりやすい期間工を探す上では、

入社祝い金の額に注目すると簡単に見分けられます。

 

期間工の受かりやすい時期とメーカーまとめ

受かりやすい時期は3~5月、9~11月の間が期間工では大量募集の時期です。

 

臨時募集のときも受かりやすいですが、

契約の更新が続かないかもしれないので注意が必要です。

 

もう1つは入社祝い金の額に注目して求人を探すことで、

通常よりも受かりやすい時期になります。

 

入社するだけで祝い金は支給されますが、

派遣会社によっても金額が異なるので、多く支給される派遣会社を選ぶようにしましょう。

 

期間工の入社祝い金ランキング【最大50万円】支給されるものはもらっときたい
期間工で働きたい場合、 ある派遣会社から応募すると、 直接の応募からではもらえない「入社祝い金」がもらえます。 入社するだけで支給されるボーナスみたいなお金なので、 知っておいて損はないと思います。 ...

 

期間工は貯金できない人も絶対に貯められる!6カ月で130万円!
期間工に1年間行ってみると、 どれくらいの貯金ができるのか紹介します。 トヨタの期間工は、 1年間でいくら貯金できるのかと、 実践していた生活内容と体験をもとに紹介します。 勤務時間によって給料...

 

入社するだけで最大60万円がもらえる

期間工の入社祝い金ランキング!!【最大60万円】

 

 

困ったときはプロに相談

どの期間工メーカーが自分に合っているのか分からない場合には、

期間工を専門に扱っている派遣会社の人事のプロに相談してみましょう!

 

細かい条件でも全国の期間工を提案してくれ、

あなたに合った期間工メーカーを紹介してくれます。

 

「寮は絶対に個室が良い」

「あまり田舎の工場には行きたくない」

「車を持ち込めるメーカーが良い」

 

など、思っている条件を全部提案してみてください。

無料で登録可能で、登録を済ませて条件に合った期間工の提案を待つこともOK!

 

まずは無料相談・無料登録へ【期間工.jp】