【失敗しない選び方】期間工のおすすめしないメーカーの特徴

【失敗しない選び方】期間工のおすすめしないメーカーの特徴

どこでも同じように見えてしまう期間工の求人の中でもおすすめしないメーカーがあります。

労働環境が悪かったりせっかく働けるようになったのに、契約の更新ができすに辞めなければならないメーカーです。

こんなおすすめしないメーカーには特徴があり誰でも簡単に見つけることが可能です。

そんなメーカーの特徴や見つけ方を紹介するので、期間工のメーカー選びで失敗したくない方は、最後まで目を通してみて下さい。

期間工のおすすめしないメーカー

期間工でもおすすめしないメーカーとは

  • 労働環境が悪い
  • 契約更新がない

というのは紹介しましたが、一体どんなメーカーが上の2つに当てはまるのかを詳しく説明します。

不祥事が多いメーカーはおすすめしない

テレビのニュースやネットのニュースで不祥事が多いメーカーがおすすめしないメーカーです。

大きな不祥事が起こるとメーカーそのものの評判が落ちるので、一気に生産数も落ちて期間工の従業員には直で打撃を受けることになります。

メーカー名は伏せますが検査の工程で適当にやって製品を合格にしていたとか、製造の段階でも会社自体の不祥事があるとメーカーの価値が下がり、株価も一気に下落します。

たまに起こる不祥事なら問題ないですが、頻繁に起こると世間からのイメージも悪くなり、製品に近寄りにくくなってしまうのが現状です。

こういったメーカーの期間工では安定的に働くことは難しく、メーカーも損益が出ている状態なのでおすすめしないメーカーになります。

 

製品のリコールが多いメーカーもおすすめしない

不祥事が多い期間工のメーカー

リコールが起こっていない期間工のメーカーはありません。

どの業種のどのメーカーでもどこかの製品でリコールは起こるものです。

リコールの回数が多いとリコールで回収した製品を修理しなくてはならないので、生産よりもリコールに力が入ってしまいます。(※別にヒット商品がある場合は別です※)

そのため期間工の契約更新にも影響が出て、せっかく働けるようになった工場でもすぐに辞めなければならない状況にも追い込まれます。

リコール自体がメーカーも損益に直結するので、できるだけリコールの少ない期間工のメーカーを選ぶのが賢明です。

イメージだけでもあのメーカーは不祥事が多いとか、不良品が多くリコールが多いというメーカーがありますよね。

そういったメーカーの期間工は避けるのが失敗しない選び方で、長く期間工として働くためのメーカーの選び方とも言えます。

 

逆に考えると受かりやすいメーカーでもある

期間工から正社員への近道

「ピンチをチャンスに変える」という考えを持った人もいます。

上で紹介したようなメーカーだと働く人材の応募が集まりにくいとも言えます。

不祥事やリコールが多く評判が良くない期間工のメーカーは、本当に応募する人も少なく逆に言えば面接を通過しやすい期間工でもあるんです。

ただでさえ少ない応募の中から誰かしらを採用しないと、工場が稼働しなくなるので、チャンスといばチャンスです。

そういったメーカーに限って特別手当てを支給して人材を集めようとする傾向になるので、普段は支給されない手当ても支給されます。

祝い金目当てで様子を見ることも可能

チャンスともいえるメーカー

入社祝い金の額に注目するのが妥当です。

上で紹介したメーカーは祝い金を多く支給する傾向にあり、祝い金は3カ月以内に支給されます。

普段はもらえない祝い金目当てで入社して労働環境が悪く、長く続けられないと思ったら3カ月だけ我慢して辞めるという選択もできますよね。

しかし不祥事やリコールが多くメディアに叩かれたメーカーは、絶対に同じ過ちを起こすわけにはいきません。

製品の生産数よりもリコールや不具合のないように徹底した現場管理で、ブラックな働き方にならないように徹底的に改善されます。

生産数に重視しないということはライン作業も基本的にゆっくりとなり、普通の期間工よりは楽して稼げることになるんです。

 

まとめ

おすすめしない期間工メーカーの特徴を紹介しました。

おすすめできるメーカーはここで紹介した逆のメーカーになり、「トヨタ自動車」や「日産自動車」「ホンダ自動車」などが上げられます。

見方を変えるとおすすめしないメーカーでもチャンスになる場合もあるので、自分に合った使い方で上手く利用すれば良いと思います。

応募する派遣会社で初月の給料が大きく変わる!?

CTA-IMAGE ただでもらえる入社祝い金で損しないようにしましょう。応募する派遣会社によっては最大で50万円近く支給されます。